« 「エトワール」監督による「オーロラ」 | トップページ | 気づかないうちに、守られているから。「幸福な食卓」 »

2007-01-15

「Shall we ダンス?」衣装と色彩

ハリウッドでのリメイク版が近年公開された作品のオリジナル版「Shall we ダンス? 」。監督は「シコふんじゃった」「ファンシダンス」そして、まもなく待望の新作「それでもボクはやってない」が公開される周防正行。物語・平凡なサラリーマンだった杉山正平(役所広司)は通勤電車の窓から、ふと見上げたダンス教室にうつる舞(草刈民代)の姿を見かけたことから社交ダンスを始める。「最初は一度でいいから彼女とダンスを踊ってみたい…」という気持ちからだったが、徐々に何かを見つけたかのように杉山の生活は変わり始める…。

Shall We ダンス? (初回限定版) Shall we Dance ?(初回限定版)

その衣装と色彩
舞を演じる草刈民代さんの衣装が最初はダンスの世界大会でのアクシデントからの挫折に立ち直れないでいるため、モノトーン系のものが多いのですが、杉山(役所)に教え始めて徐々にコーラルピンクライトカーキの淡い色へと変化していき最後の最後、ラストダンスの際に着るドレスは真っ赤なスリップドレスという風に心情に合わせて衣装の色を変えていったあたりが、とても見事でした。(もちろん回想シーンに登場する世界大会の時の衣装は華やかなものですが、この時はまだ、わがままな部分が出ていてプライドが全面にあらわれた感じの衣装です。ラストの赤のドレスは舞が素直になって解放された気持ちも出た、それはそれは素敵なものとなっています)。他にもダンス教室の窓の光やダンスフロアの床の色など非常に細かい部分まで行き届いた色彩設計が施された映画でした。それと、これ以上の組み合わせはないというぐらい快演だった竹中直人、渡辺えり子などの脇役陣もサイコー ! 見終わった後「あ〜よかった〜」と思わずつぶやく後味抜群の作品ですよ。

周防正行監督最新作
それでもボクはやってない」公式サイト
http://www.soreboku.jp/

Shall we ダンス? オリジナル・サウンドトラック 『Shall we ダンス?』アメリカを行く

|

« 「エトワール」監督による「オーロラ」 | トップページ | 気づかないうちに、守られているから。「幸福な食卓」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Shall we ダンス?」衣装と色彩:

« 「エトワール」監督による「オーロラ」 | トップページ | 気づかないうちに、守られているから。「幸福な食卓」 »