« ロバート・アルトマン監督「プレタポルテ」 | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」 »

2007-02-16

ウディ・アレンと撮影監督

ウディ・アレン監督の映画というとモノクロ作品を除いて、ほぼ暖色系(※)で撮影されている事が特徴。それほど色調には気をつかっている訳ですから撮影監督は本当に超一流ばかり。

アニーホール」(1977年)から「カイロの紫のバラ」(1985年)までがゴードン・ウィリス(元々はドキュメンタリー出身、「ゴッドファーザー」のあの色調 !! アレン監督とは、やはり「マンハッタン」のモノクロ・ワイドスクリーンが美しい)、「ハンナとその姉妹」から「セプテンバー」、間が少し空いて「アリス」(1990年)から「地球は女で回ってる」(1997年)までがカルロ・ディ・パルマ(アントニオーニ監督「欲望」の、あの色彩設計 !! 間が空いているのはインタビューによると病気による手術が必要だったため。アレン作品、暖色系画調の基調を創ったとも言えるのでは? )。「私の中のもうひとりの私」「重罪と軽罪」(共に1989年)「セレブリティ」(1998年)、3人の監督によるオムニバス作品「ニューヨーク・ストーリー」はスヴェン・ニクヴィスト(イングマール・ベルイマン監督の作品多数)。「ギター弾きの恋」(1999年)「おいしい生活」(2000年)「スコルピオンの恋まじない」(2001年)の3作品をチャオ・フェイ(「紅夢」「始皇帝暗殺」)。

以降、1作毎に撮影監督が変わっていく。「さよなら、さよならハリウッド」はウェディゴ・フォン・シュルツェンドーフ(「13F」)、「僕のニューヨークライフ」はダリウス・コンジ(ジャン=ピエール・ジュネ監督の「デリカテッセン」や「ロストチルドレン」、「セブン」もこの人)、「メリンダとメリンダ」はアメリカン・ニューシネマの立役者にして名カメラマン、ヴィルモス・ジグモンド(「さすらいのカウボーイ」「スケアクロウ」、「未知との遭遇」でアカデミー賞撮影賞を受賞、「ブラックダリア」など多数)。ロンドンで制作された「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」はイギリス人撮影監督レミ・アデファラシン(「エリザベス」でアカデミー賞撮影賞にノミネート)。

現在 post-production 中の最新作「Cassandra's Dream」(ユアン・マクレガー、コリン・ファレル、ミッシェル・ウィリアムス)の撮影は「メリンダとメリンダ」に続いてアレン作品2度目の登場となるヴィルモス・ジグモンド。尚、ペネロペ・クルス主演の「Woody Allen Spanish Project」(仮称)が pre-production に入っている(現時点でStaff Credit不明)。

暖色系
おいしい生活」に関しては鮮やかな色彩が用いられている(なんといってもアレンとトレーシー・ウルマンですから…)。「マッチポイント」はロンドンの天候も相まって新局面を開いた色彩設計(少しグレーが加味された)。

|

« ロバート・アルトマン監督「プレタポルテ」 | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウディ・アレンと撮影監督:

« ロバート・アルトマン監督「プレタポルテ」 | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」 »