« 60年代MOVIE・特集本 | トップページ | コインの裏表「ノーカントリー」 »

2008-03-17

ラストショー「さよなら映画館」

「ラストショー」といってもピーター・ボグダノビッチ監督の傑作MOVIEの話でも浜田省吾さんの楽曲の話でもなく昨今の映画館(シネコンではなく)の閉館のはなし。
関西ではこの3〜4年の間に相当数の映画館が閉館されシネコンへと変わっていきました。

2004年2月1日に南街会館(1953年オープン)、2006年1月29日に京都宝塚会館(1935年10月オープン)、京極東宝(1954年12月オープン)、2007年9月24日に三番街シネマ(1975年4月オープン)がそれぞれ閉館しました。
BLOGのコンセプトとは少し外れますがひとつのメモリアルとして記載しておきたいと思います。

写真は告知用のフライヤーと三番街シネマのスクリーン(シネマ1)と外観、チケット売り場です。

Show1_2







Screen_2





|

« 60年代MOVIE・特集本 | トップページ | コインの裏表「ノーカントリー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラストショー「さよなら映画館」:

« 60年代MOVIE・特集本 | トップページ | コインの裏表「ノーカントリー」 »