« コインの裏表「ノーカントリー」 | トップページ | 青、緑、金色「パンズ・ラビリンス」 »

2008-03-21

アフタヌーンは「ダージリン急行で」

相変わらずのオフビートなユルユル感で独特の世界を醸し出すウェス・アンダーソン監督「ダージリン急行」。本編の始まる前にプロローグともPART1ともよべる「ホテル・シュヴァリエ」がくっついています(短編とはいえ、きっちりエンドクレジットもついているし、共演はナタリーポートマンだし…)。
物語・父の死をきっかけに疎遠になっていた3兄弟が、もう一度家族としての絆を取り戻そうとインドの旅にでるのだが…
3兄弟にオーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン。アンダースン監督の前作に出ていた「あの人」やこの3兄弟の母って言われて納得の「あの人」が出ていたりと思わずニンマリしてしまうキャスティング。

「ダージリン急行」オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD]

そして、もうひとつの楽しみ、美術と衣装。
本物の10台の列車を借り切って撮影された列車内装デザインはマーク・フリードバーグ(細かいところがいろいろ素敵)。衣装は「マリー・アントワネット」の世界から一転、大御所ミレーナ・カノネロ。最初は公表されていなかったため、後々になって騒がれだしたスーツケース・デザインはルイ・ヴィトンのデザイナー、マーク・ジェコブス(椰子の木キリンや象が配されていて、かわいい)
音楽も例によって素晴らしい(ザ・キンクスからストーンズ、サタジット・レイ作品までバラエティに富んでいる)。上映終了後、ご年配の方がサントラ盤を買って帰る姿をみかけましたよ(年代関係なくセンスのいい選曲は届いているということですよね〜)。

THE DARJEELING LIMITED
http://microsites2.foxinternational.com/jp/darjeeling/

ライフ・アクアティック(ライフアクアティック) ロイヤル テネンバウムス/Royal Tenenbaums (Collectors Edition) - Soundtrack

|

« コインの裏表「ノーカントリー」 | トップページ | 青、緑、金色「パンズ・ラビリンス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフタヌーンは「ダージリン急行で」:

» 『ダージリン急行』 [ラムの大通り]
(原題:The Darjeeling Limited) 「これはまた紹介が難しい映画だなあ」 ----えっ、父親が亡くなって以来、 疎遠になっていた3人の兄弟が 失われた日々を取り戻すために 長男の呼びかけでインドで列車に乗って旅する---- それだけのお話じゃニャいの? 「うん。それだけだから難しい。 監督が『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 『ライフ・アクアティック』のウェス・アンダーソン。 今回もまたまた、ある家族の物語。 いつものようにドラマというより、 彼の作り出す、そこはかとない哀しみ... [続きを読む]

受信: 2008-03-21 22:03

» ダージリン急行 を観ました。 [My Favorite Things]
おすぎさんの評価は、「この監督とは相性が悪い…」でした。そして私はどうなのか? [続きを読む]

受信: 2008-03-22 22:35

» ダージリン急行 [Movies 1-800]
The Darjeeling Limited (2007年) 監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン 疎遠だった3兄弟がインドを列車で旅していくうちに絆を取り戻していく様子を描くロード・ムービー。 「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」や「ライフ・アクアティック」同様、人の死と絆を描いたW・アンダーソンの不思議な世界が楽しめる。 三人兄弟の会話や行動を面白おかしく描きながら、それぞれが当人のいないところで兄弟の隠し事を暴露しあうことで... [続きを読む]

受信: 2008-04-05 16:18

« コインの裏表「ノーカントリー」 | トップページ | 青、緑、金色「パンズ・ラビリンス」 »