« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011-07-16

少女よ君は旗をあげる なぜ。『コクリコ坂から』

注・内容、台詞に触れています。
「なかよし」に連載(1980年1〜8月号)された高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミック『コクリコ坂から』を原作に宮崎駿が企画・脚本(脚本・丹羽圭子)「ゲド戦記」に続いての第2作となる宮崎吾朗が監督。音楽は武部聡志

物語・1963年の横浜、港の見える丘にあるコクリコ荘に暮らす16歳の少女・海(声・長澤まさみ)は毎朝、船乗りの父に教わった信号旗を海に向かって揚げていた。ある日、海は高 校の文化部部室の建物、通称「カルチェラタン」の取り壊しに反対する学生たちの運動に巻き込まれ、そこで1学年上の新聞部の少年・俊(声・岡田准一)と出会う。2人は徐々 にひかれあっていくが……。(ブルー部分映画.comより抜粋)

いろいろ指摘されているように「吉永小百合・主演、日活青春学園映画」の趣。昨年の「ノルウェイの森」今年の「マイ・バック・ページ」と60年代を時代設定とした作品が続いている。しかも監督がリアルタイムにその時代を体験している訳ではないというところが面白い。この時代を照射することが現在(いま)を描くことになることを無意識に選択している?

Ueo

Memo1 シーンと台詞
雨の中。歩く海と俊。
「嫌いになったのなら、はっきりそう言って」
ポケットから写真を取り出す俊。
「まるで安っぽいメロドラマみたいだ」
「俺たちは血のつながった兄弟っていうこと」
「え」
「わたしたち、どうしたらいいの」
このシーン、劇場にかかっていた予告編では主題歌の「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」が使われていたが本編では明るいテンポのインストになっていて驚いた。実際、もし予告編のままだったらこの全体を通した明るいイメージは損なわれていた気がするので大正解。

東京からの帰りにふたりが山下公園の海岸沿いを歩くシーン〜路面電車、博物館前駅できっぱりと「好き」と告げるシーンの流れがとてもいい。
「私が毎日旗をあげてお父さんを呼んでいたから、お父さんが自分の代わりに風間さんをおくってくれたんだと思うことにしたの」
「私、風間さんが好き」
「俺も、お前が好きだ」

Memo2
脚本の丹羽圭子さんは先日初全国放映となった「海がきこえる」の脚本家(当時はペンネーム中村香、表記。このあたりのことを「海がきこえる」放送中にプロデューサーの高橋望氏がTwitterでリアルタイムでツイートしていました)
キャラクターデザインをてがけた近藤勝也さんは1963年生まれ。この映画の設定年に生まれたことになりますね。で、近藤さん参加(特に海ちゃんのキャラクター造形はいいなぁ)が本作が素晴しい作品になった一因だとも思います。
上を向いて歩こう」が初めて世に出たのが1961年7月21日のこと。ちょうど今年で50周年。全米チャート一位に輝いたのが1963年。まさにこの映画のタイミング。詳細なドキュメント「上を向いて歩こう」佐藤剛・著(岩波書店)には知らなかった経緯が多数。
主題歌「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」オリジナルは森山良子が歌った1976年の読売テレビ・日本テレビ系での同名タイトルテレビドラマ主題歌
イメージアルバムのライナーノーツに鈴木プロデューサーが「このアルバムを聴きながら、ぼくは昔の日本映画を思い出していた。そういえば60年代の日活の青春映画にこういう感じの曲が多かった気がする」と書かれていました。

Memo3
ジブリの冊子【熱風】7月号 特集は「コクリコ坂から」の音楽。鈴木プロデューサーや監督、武部聡志さんに混じって執筆陣の中に拓郎さんや浜田省吾ファンにはお馴染みの田家秀樹さんが。やはり触れている「僕と彼女と週末に」

コクリコ坂から 公式サイト
http://kokurikozaka.jp/

| | トラックバック (39)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »