« ディーン・クーンツ原作、スティーヴン・ソマーズ監督『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(ODD THOMAS)』アントン・イェルチン、アディソン・ティムリン、ウィレム・デフォー | トップページ | スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督、オナタ・アプリール主演『メイジーの瞳 (WHAT MAISIE KNEW)』 »

2014-01-21

前田敦子主演、黒沢清監督『Seventh Code : セブンスコード』

注・内容、ラストに触れています。
前田敦子主演、黒沢清脚本・監督による『Seventh Code : セブンスコードローマ国際映画祭で最優秀監督賞と最優秀技術貢献賞をW受賞。

物語・秋子(前田敦子)は松永(鈴木亮平)という男性を追い掛けウラジオストクを訪れる。ようやく念願の相手と再会を果たすものの、向こうは彼女のことなどきれいさっぱり忘れていた。ある日、斉藤(山本浩司)が経営する小さな食堂で働きながら松永の行方を探していた秋子のもとに、ようやく情報が入ってくる。(Gray部分シネマトゥデイより抜粋)

Seventh_code

Memo
4枚目のシングル作のミュージックビデオとして製作とあるけれど、これは一本の独立した映画だ。そしてネタバレしてはいけないタイプの作品。全く予備知識無しで見るのがベスト。(公式サイトやチラシに使用されている写真も見ないほうがよかったなぁ、と思ってる)
エンドタイトル前に歌が入って「あっ、これミュージックビデオでもあるんだ」と気づくほど。そのMV部分の撮影されたとおぼしき場所が映画終盤、松永の居住しているビル階下のオレンジと黒のカーテンがたなびいている、徒広い空間と本編繋がりなところ。
「もらとりあむタマ子」で圧倒的印象に残った前田敦子の食べっぷりのよさが本作でも。居つくことになる斉藤の食堂、小銭しかもっていないのにそんなに頼んで大丈夫というぐらいテーブルの上に並べられる料理。(それをガッガッガッと食べていく)←もっと長めでも見ていられる食べっぷり。
黒沢清監督印(マーク)とでも呼ぶべきクールトーンの曇天や風景、廃墟や鏡、揺れるカーテンなど至る所に散りばめられている。
それにしてもどこでロケをしても、そこは黒沢清監督の場所となる不思議。ロケ地をみつけてきているというよりは、もはやロケ地側が擦り寄ってきてるようにすら感じる。
※ロシアでのロケ、そして廃墟ということとなると、どうしてもタルコフスキーを想起してしまう。(これもまた「場所」が呼び寄せたのかもしれない)
ラスト、真っ直ぐに延びた一本道。トラックの荷台の上で与謝野晶子の詩「旅に立つ」(※1)を絶叫する秋子(←この名前は与謝野晶子から?←夫を追いかけてパリへ向かう与謝野晶子がその起点となる場所がウラジオストク)
MVシークエンス後の一本道の果て、遠くで起こる銃撃戦と爆発へ繋がる前の追ってきたマフィアへの秋子のニヤリで続編も期待。
※1ちなみに前フリとして斉藤と暮らす中国人女性(アイシー)が口ずさむシーンあり

"いざ、天の日は我がために 
金の車をきしらせよ、 
颶風(ぐふう)の羽は東より 
いざ、こころよく我を追へ"

(↑調べるとウラジオストクのロシア極東大学に詩の歌碑があるそうです)

で、何が驚くかというとラストの10数分、全てをひっくり返す展開に唖然。
松永のビックリは、そのまま観客のビックリ(やー、さぞや驚いたであろう松永「エッ、そ、そんな〜」と思う間もなく一応、応戦はするもののバシバシに叩きのめされてしまう、最後は絞め技で←最初の頼りなさというかダラっとした感じがあってのキレキレアクションは素晴しい!)。
そういうことなら暗証コードやロシア語がペラペラ(※2)なのも頷ける前半展開。まー、みごとに乗せられました。
(※2)日本語表記の食堂を探しているシーンと「日本語メニュー、入りますか」と聞かれるところで喋られないと思い込んでいたけど、その前シーン置き去りにされた場所で話しかけてきた老人に「私にかまわないでください」とロシア語で答えていた。(このあたり、伏線的ヒントをはっていたのかとあとで気づきました)

映画『Seventh Code : セブンスコード』公式サイト
http://seventh-code.net/


|

« ディーン・クーンツ原作、スティーヴン・ソマーズ監督『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(ODD THOMAS)』アントン・イェルチン、アディソン・ティムリン、ウィレム・デフォー | トップページ | スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督、オナタ・アプリール主演『メイジーの瞳 (WHAT MAISIE KNEW)』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前田敦子主演、黒沢清監督『Seventh Code : セブンスコード』:

« ディーン・クーンツ原作、スティーヴン・ソマーズ監督『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(ODD THOMAS)』アントン・イェルチン、アディソン・ティムリン、ウィレム・デフォー | トップページ | スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督、オナタ・アプリール主演『メイジーの瞳 (WHAT MAISIE KNEW)』 »