« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015-05-26

『チャッピー(CHAPPIE)』ニール・ブロムカンプ監督、デーヴ・パテル、シャールト・コプリー、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー、他

チャッピー
CHAPPIE
監督・脚本 : ニール・ブロムカンプ
出演 : シャールト・コプリーデヴ・パテル
ヒュー・ジャックマンシガーニー・ウィーヴァー
ディー・アントワード(ニンジャ、ヨーランディ)、他

物語・2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐されてしまう。起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく…。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Ch1

Memo1
傑作『第9地区』でエビに感情移入させた監督にとってロボットに感情移入させるなんてことは、"おちゃのこさいさい"とばかりなのだなぁー、と、ノって見た。
ちょっと話や展開が大雑把でも、(apple製品が全く出てこなくても←SONYですからw)この独特な感慨を起こさせるのはブロムカンプ監督ならでは。
(そして、『エリジウム』の時と違って、やはり南アフリカ共和国で撮るとハジケ度合いが違う!)
監督がかねてからインタビューなどで答えているとおりチャッピーは『アップルシード』のブリアレオスだしヒュー・ジャックマン操る(旧来型遠隔操作タイプ)ロボット、ムースは『ロボコップ』のED-209と、その出目はあきらか(そのリスペクトと大好きさの公言度合いも、この監督の特徴)
生みの親より育ての親
(と、思わせつつのラスト展開もあり※)
※カーツワイル博士の唱えるところの「マインド・アップローディング」?
"はじめて見たものを親に"的に、その姿を捉えるチャッピー自身の視点モニタリング画面がよい。(チャッピーは完全な自立学習型AIなので善悪の区別なく、常に見たものや聞いたものを自分の中で自ら構築していくディープランニングに立脚していると思われる)
本作で最も魅力的なのはチャッピーの育ての親を演じたラップユニット、ディー・アントワードがそのままの名前(ニンジャ、ヨーランディ)でストリートギャングとして出演していること。
(チャッピーがすっかり馴染んでラップユニットメンバーの一員になったようなショットが面白いというか微笑ましい)
ベッドでヨーランディ演ずるママがチャッピーに絵本の読み聞かせなんて、ちょっと反則的に上手いショット。
AIについて2014年頃から多々、警鐘をならしたコメント(※0を発表している起業家イーロン・マスク氏がブロムカンプ監督と同じ南アフリカ共和国出身ということを最近知った。
※AIは核兵器よりも危険かもしれない

Memo2
今年3月に刊行された『AIの衝撃』(講談社現代新書・小林雅一著)の中にGoogleが昨年買収したディープマインドについて書かれていた部分が非常に興味深かった。
ディープマインドが専門とするAI技術はディープラーニングにおける「強化学習」と呼ばれる細分化さされた領域。
"このAIプログラム(ニューラルネット)に何かの仕事をさせ、それが上手くできたら「よくできたね」と私たち人間が褒めてあげる。逆に失敗したら「駄目じゃないか」と叱る。たったこれだけのことで、このAIプログラムは自分のやり方のどこが良くて、どこが悪かったかを自分で発見して、どんどん上達していく。これが強化学習に基づくAIです"(「AIの衝撃」P36より引用)
まさに本作におけるチャッピーとニンジャ、ヨーランディとの関係。
Main Title > LITTLE MONSTER VFX
End Credit > JAY JOHNSON
(共にIMDbに記載がなかったのでエンドロールで表示のものをメモ)
エンドクレジットの手描き文字は、やはりJAY JOHNSONによるものだろうか?(オフィシャルサイトにhand lettering項目はあるのだが未掲載につき未確認)

Ch2

映画『チャッピー』オフィシャルサイト
http://www.chappie-movie.jp/


| | トラックバック (20)

2015-05-24

『エクス・マキナ(Ex Machina)-原題』アレックス・ガーランド監督、アリシア・ヴィキャンデル、ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック

注・内容、他含めネタばれしています。
エクス・マキナ(原題)』
Ex Machina

監督 : アレックス・ガーランド
出演 : アリシア・ヴィキャンデル
ドーナル・グリーソン
オスカー・アイザック

物語・世界最大のネット起業で働くカレブ(ドナルド・グリーソン)のもとに「あなたはコンテストで優勝しました」というメールが届き創業者であるネイサン(オスカー・アイザック)の邸宅へ招待されることになる。そこでAIアンドロイドのエヴァ(アリシア・ヴィキャンドル)をチューリングテストしてほしいと告げられる。そして…。
※名前表記、発音的には→カレブ(もしくはケイレブ)→日本公開時に字幕がついた時点で、そちらに準拠訂正します。

※日本公開版表記→ケイレブ

2016年6月11日・新たに下記のブログメモを書きました。
2016年の『エクス・マキナ(Ex Machina)』
(昨年、欧米公開時点では人工知能はまだまだ囲碁には勝てないと言われていたのだが…。WIREDでのアレックス・ガーランド監督へのインタビュー記事など追記)

Exm1

Memo1
ラテン語で「機械仕掛けの〜」の意をタイトルとした『エクス・マキナ(Ex Machina)』
監督はアレックス・ガーランド
(『ザ・ビーチ』の原作者で、映画『28日後...』『わたしを離さないで』の脚本を手がけてきた)
不気味の谷を軽々と越えてしまった感(このあたりに近い将来"違和感なく生活に溶けこんでゆくデザインとしてのアンドロイドのかたち"へのヒントが隠されている気がする)があるA.I.エヴァの姿は手塚治虫先生が描いてきたアンドロイドと通じる艶めかしさ。
シンギュラリティ(特異点)をテーマとした『トランセンデンス』や人工知能ロボットを扱った『チャッピー』そしてクラウドベースの人工知能『her』など、ここ数年多岐にわたって広義な意味でのAIをテーマとした作品が作られている。
『エクス・マキナ』では、いわゆる強い人工知能と弱い人工知能で語られるところの強い人工知能、すなわち意識、知性を持った人工知能アンドロイドが描かれている。
そのAIの元となるのがネイサンが創り上げた企業(BLUE BOOK←わざわざ本作用にtwitterアカウントまであるw)が収集した世界からの検索結果によるディープラーニング。
ガラス越しに対面して、いろいろと会話を重ねていくうちに次第にエヴァに惹かれていくカレブ。「もしかするとテストされているのは自分では?」という疑問が。さらには本当に自分も生身の人間なのか?実はアンドロイドではないのか?という疑いも持つようになる。
いったいネイサンは何をしたいのか?
常にネイサンの身の回りの世話や食事などを作っているkyokoという女性の正体は?
とにかく、シンプル。
まず、ドナルドの務める会社が少し写った以外は全てアイザックの大邸宅の中だけ(ほとんどアメリカの自然公園がすっぽり入ったような巨大さ。ヘリコプターの操縦士に「あと、どれぐらいで着きますか?」の質問に「もう2時間前から敷地内にはいってる」と言われるほど広い。そして、当然のようにスマホなど外界との連絡が取れない)で、物語が展開する。
しかも台詞のある出演者が3人だけ。
Kyoko(前述)という日本人アンドロイドが登場するが台詞はない←これが逆に極めて恐い。途中ネイサンと「Perfumeかよ」とツッコミたくなるほどシンクロ度合いと息もピッタリなダンスを披露するシーンがあるが、これまたコミカルさとはうらはらにゾッとするシーンとなっている。
スターウォーズ新作に抜擢されているオスカー・アイザックや『アバウトタイム ~愛おしい時間について~』のドーナル・グリーソン、そしてエヴァを演じたアリシア・ヴィキャンデル(ガイ・リッチー監督『コードネーム U.N.C.L.E.』メインキャスト)と注目される役者によるキャスティング。
「これはハードウェアではなくウェットウェア」と取り出してみせたのが半透明な中枢部(まさしくハードウェアとソフトウェアの両方を合わせ持つ脳と呼べるもの)
そして、この試作機(?)の置かれた部屋のディスプレー方法、まるでApple Storeみたいw(多分、意図的?)
そして訪れる圧倒的美しさと恐怖を持つ終盤からの展開…。

Exm2

Memo2
タイトルデザインはマット・カーティス
(ダニー・ボイル作品にかかせない)
本編と美しくマッチ!ラストカットの後、点がサークルを描き少しずつ形を成し、やがてはニューロンモデルの如きに増殖していく。
脚本を手がけた『28日後…』繋がり、その他にも『わたしを離さないで』のタイトルデザインも。
さらにはクレジットがロールになってからの楽曲がSavages "HUSBANDS"でこれまた渋い選曲。
プロダクションデザイナーはMark Digby
(外観などに使用されたのはノルウェーのJuvet Hotel)
そのロケーションやプロダクションデザインについて書かれた記事(英文)
The Stunning Mansion in Ex Machina Is (Mostly)
Real, and You Can Spend the Night There

http://www.vanityfair.com/hollywood/2015/04/ex-machina-location
何ステップも先を読んだ人工知能をめぐる考察とならび衝撃的だったのは検索サイト"BlueBook"から画面に映し出されるOSデザイン、AI エヴァの設計図まで全てが統一された美しさで描かれていること。
DesignはTerritory Studio

http://www.territorystudio.com/work/motion/?p=Exmachina
A.I.エヴァのコンセプトアート > JOCK
http://io9.com/jock-unveils-sleek-dreamy-concept-art-for-ex-machina-1679557115
Ex_Machina Interview Special
Film4 | Interview
https://www.youtube.com/watch?v=_TmdBVgC7zE

| | トラックバック (20)

2015-05-20

『恐怖分子(Terrorizers)』エドワード・ヤン監督、ワン・アン、リー・リーチュン、コラ・ミャオ、チン・スーチェ、他

注・内容、ラストに触れています。
恐怖分子
Terrorizers
監督 : エドワード・ヤン
出演 : ワン・アンリー・リーチュン
コラ・ミャオチン・スーチェ
クー・パオミン、他

物語・朝の台北。ある場所で警察の手入れがあり、そこからハーフの少女シューアン(ワン・アン)が逃げ出す。シャオチェンは、そんな彼女の姿をたまたま見掛けてシャッターを切る。一方、ある病院で働く医師リーチョンは上司の急死を出世のチャンスと考えて浮足立つ。だが、その妻である小説家イーフェンは執筆できない状態が続いていることに悩んでいた。そんな全く接点のない彼らが、シューアンのいたずら電話によってつながっていき…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Yan

Memo1
エドワード・ヤン監督の『牯嶺街(クーリンツェ)少年殺人事件』を今は無きミニシアター大阪梅田のシネマヴェリテで見たときの衝撃は今でも鮮明に憶えている。
(映画館と共にある記憶としても)
その公開から後に見た『恐怖分子』を、まさかこんなに鮮明な画面と音で再見できるとは、なんとも嬉しい限り。
そして、多くの発見があった。
2回見た。
いわゆる関わりのなかったもの(階層的にみても混じり合わない)が思わぬ形で関わることとなり、悲劇へじわりじわりと侵食していく怖さ。
それは2本の電話(シューアンの"イタズラ電話"とシャオチェンと彼女による"告げ口のような電話")によってもたらされる。
夜が明け始める台北の街をパトカーが走り抜ける。
そして黒味に白抜き「恐怖分子」のタイトル
続けてシャオチェンと一緒に暮らす彼女とふたりの部屋。
乾いた銃声音(※)が響く。←ベランダで洗濯をする女性が銃声に全く無反応なのが恐い。
(※前がどのような響き方だったかを覚えていないが、今回のデジタルリマスター版における、この銃声音は突如、出現するがごとくで凄い)
身を屈め近づく男
イーフェンが不満げな顔でベッドに横たわっている。
出勤する夫、リーチョン
場面戻って、倒れている男(撃たれたようだ)
窓から拳銃を持った手が。
現場に到着するクー警部(←今見ると、えなりかずきに似ている)
カメラ持って撮影しているシャオチェンを「そこをどけ」と、手で指図する。
ベランダから飛び降り逃げるシューアン(ワン・アン)。
その際、足を挫く。シャッターをきるシャオチェン。
出勤途中のリーチョンの運転する車がパトカーや横断歩道に立っているシューアンとすれ違う(※)
と、何度か見ているから説明できるが、この冒頭、初見では何が起こっているのかがわからない
この時点でふたりに面識は無い、そして最後まで会うことはない←夢の中での"もうひとつの時間の物語"では会う。ホテルの部屋のドアが蹴破られて最後の銃声が響きわたり、そのタイミングで一緒に前の晩に飲んでいたクー警部が目覚める、その音によって
電話のベルの音が今と違って静寂を切り裂くように聞こえる。(思い出したけれど何か用事をしているときに突然鳴るとドキッとしたことがあったなぁ)
その上でシューアンのただ、電話帳に載っている「李立中」を上から順にかけていくだけのイタズラ電話。それによって一気に全く繋がっていなかった人や事柄がつながり始め、不穏さや悪い予兆が(何かを誰かが説明することもなく)広がっていく
黒電話のベル音もドキッとするがガスタンクの近くを歩くだけで緊張する(何故だか身構えてしまい早く、その場から遠ざからなければと思ってしまうのは小さい頃から←爆発したらどうしよう的な)
あと、突然犬に吠えられてもドキッとする。
もう、いろいろと恐い。
シューアンが軟禁監視状態にある部屋から抜け出すときに映る(居眠りしている)母親の鍵の束!(束などというものではない、その数が恐い)
その母親が煙草を吸いながらレコードをかける。寝ているシューアンをなでる。そのまま続くシャオチェンと彼女との喧嘩のシーンへ(壁に貼られたシューアンの写真、ばらまかれるフィルム、ネガ)
そのバックに橋渡しのように流れる「煙が目にしみる」
有名なシューアンが冒頭の賭場が行われていたビルの部屋(彼女と喧嘩をして部屋を出たシャオチェンが暗室兼住居として借りている)に入り、灯りをつけた途端、浮かび上がる壁一面に引き伸ばされた(モザイク状に小さなプリント)自分の写真を見る場面。
予期せぬシーン(観客においてもハッとさせられる)
倒れるシューアン。
それにしても、あのラスト
所見の時に思った"不意に訪れる終幕"の嘔吐による衝撃的な幕切れ。
「うぇっ」とベッド脇に顔を下げ、暗転。
エンドクレジットへ。
何度見ても驚くタイミング。

Memo2
散りばめられた補色と白
(暗室、電球に巻かれたセロファン、テールランプ、パトライト)と対を為す(シャオチェンの服、カーテンの色、警察署の窓や扉の枠)
オレンジ(シューアンがいたずら電話をかける電話機の色、イーフェンとリーチョン夫婦の浴室、洗面台、病院の会議室←黄色に近い)と対を為す(シューアンの家の部屋を覆う窓からの光)
・そして2人の女性
シューアンとイーフェンの着る白
・映っているものの清廉さ
本当に無駄なものが映りこまないように全てのシーンに目配せがきいている。(或いは偶然もたらされたものも中にはあるかもしれないが、もはや、そこに映しだされたものは映画作家としてのエドワード・ヤンが、持って生まれてきた誰にも真似のできない素養、資質、センスがあったとしか言いようのないことではないだろうか、ということを今回の再公開で思った)

映画「恐怖分子」オフィシャルサイト
http://kyofubunshi.com/

| | トラックバック (0)

2015-05-19

『百日紅~Miss HOKUSAI~』原恵一監督、杏、松重豊、他 

百日紅~Miss HOKUSAI~
Miss HOKUSAI

原作 : 杉浦日向子
監督 : 原恵一
出演(声) : 松重豊濱田岳
高良健吾美保純
麻生久美子立川談春
清水詩音筒井道隆、他

物語・さまざまな風俗を描いた浮世絵が庶民に愛された江戸時代、浮世絵師・葛飾北斎は大胆な作風で一世を風靡する。頑固で偏屈な天才絵師である父・北斎の浮世絵制作を、陰で支える娘のお栄(後の葛飾応為)も優れた才能を発揮していた。そんな北斎親子と絵師の交流や、江戸に生きる町人たちの人間模様がつづられていく。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Hokusai

Memo1
原恵一監督の近作(実写「はじまりのみち」を除く)アニメーションとしては90分と短い。
だが、その短さが逆に本作の芳醇さを際立たせている。
『河童のクゥと夏休み』や『カラフル』と同じくアニメーション作品を見た印象よりは、そこに描かれた"お芝居演出部分"が残る。さらにはある種"原恵一監督風味"とでも呼ぶべき後味がいつものことながら、とても好みだ。
ストーリーは百日紅の花が咲いて散るまで。
体が弱く目の不自由な妹、お猶との交流を軸に(父、北斎がなかなか見舞いにもいかないことに対してお栄の台詞「あいつは病気が怖くて会いに行けないんだ」それに続くすれ違いを装っての対面、病気が悪化した際にすかさず魔除けの絵を描くなど実に事細かに連なるように編まれている、など)いろいろなエピソードが綴りこまれている。
お栄が一緒に暮らす父、北斎の家。
なんせ、食べている時と寝ている時以外は絵を書いているわけだから部屋は散らかり放題。
もうどうしようもなく住めないぐらいになると引っ越してしまうというありさま。
おしかけ弟子の善次郎とお栄、北斎と仕事机周りは描き損じた絵がくしゃくしゃにして放ったらかしのまま。
(机の両側上部にろうそく立てが設えてあって、それが今でいうところの電気スタンドとわかる)
「火事と聞けばじっとしていられねぇ」
思わず火の上がっている方向へ走りだすお栄。
ここでも火消しの様子が実に丹念に描かれていて興味深い。
また、北斎が描いていた龍の絵に煙管の火を飛ばしてしまい、お栄が描き直すことになった際の台詞。
「降りてくるのを待つ」
風が吹き天空が曇り、龍が踊る姿へと続く自然描写の妙。
江戸の怪異譚として首が伸びる花魁・小夜衣の挿話はぞくぞくっとした。
もし、夜中に鈴の音が鳴ったら襖を開け部屋に入ってきてよいと告げられる。
小夜衣の高枕、両サイドに付けられた鈴。
真夜中、それがチリリン、チリリンと鳴り、頭がもぞもぞと動く描写の怪しさ。
ラスト
江戸隅田川の風景が現在のスカイツリーのある景色へと変化して終幕。
こんなに変わってしまったけれど昔から脈々と連なる。

Memo2
エンドクレジットに世界に10点ほどしか現存しない葛飾応為(お栄)の著名なる『吉原格子先之図』が登場します。
(実物は26.3×39.4㎝と写真などで見た印象よりかなり小さい。しかし精緻←ちょうど太田記念美術館で開催中の「広重と清親展」に於いて特別展示された←2015年5月28日まで)
追記
北斎 ―富士を超えて―
あべのハルカス美術館2017年10月6日から
『吉原格子先之図』は11/6~11/19に展示予定。
http://hokusai2017.com/index.html

映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』公式サイト
http://sarusuberi-movie.com/index.html


| | トラックバック (13)

2015-05-14

"クサとチョコバナナとパンケーキ"『インヒアレント・ヴァイス(Inherent Vice)』ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、他

インヒアレント・ヴァイス
Inherent Vice
原作 : トマス・ピンチョン
監督 : ポール・トーマス・アンダーソン
出演 : ホアキン・フェニックスジョシュ・ブローリン
マーティン・ショート、リース・ウィザースプーン
ベニチオ・デル・トロ、オーウェン・ウィルソン、他

物語・1970年代初頭のロサンゼルス。ビーチを拠点に活動するマリファナ中毒のヒッピー探偵ドック(ホアキン・フェニックス)を、以前付き合っていた女性シャスタが訪ねてくる。彼女の依頼を受け調査を進めるドックだったが、いつしか巨大な陰謀に巻き込まれていき…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Vice

Memo1
サブタイトルを付けるとするならば"クサとフローズンチョコバナナとパンケーキ"(「部屋とティシャツと私」みたいな 笑)
とにかく最初から最後までクサを吸うドック。
朦朧体とでも呼ぶべき文体のようなもので描かれている物語につき、現実なのか夢なのか判別しにくい。
それ故、ここ2作のPTA作品の強度とはうって変わって、やや軽い印象。でも、この飄々と綴っていく語り口は好み。すごくリラックスして楽しめた!
誰もがイメージした『ブレード・ランナー』「ひとつで十分ですよ」に匹敵する「ちょっと、もっとパヌケーク、もっと」「ハイ ハイ ハイ」(←変な返事ともあいの手とも、とれる)シーン。(バックに小さく流れるは坂本九「スキヤキ」←やや、聞き取りづらかったので音の位相がしっかりとした上映環境で見てみたい)
ドックがたどり着いた巨悪は(これもはっきりとした実在として描かれるわけではないが一応、こう呼ばれている→)ゴールデンファングではなく実は原題でもある「インヒアレント・ヴァイス」"内在する欠陥"としてのアメリカという国が持つ矛盾と内包する問題点のようなものを表しいるともいえる。(それは1960年代から始まって今も脈々と続く)
最初、女性のナレーションが誰なのかが、わからないが見ていくうちにドックの事務所で働いていたソルティレージュによるものとわかる。(一瞬、シャスタかと勘違いした)
そのソルティレージュのウィジャボード(←?)によるお告げに導かれて行く場所(クサがここにあると言われてシェスタと行く。この雨が降る中に流れるニール・ヤングの曲がまたイイ!)とドックがたどり着く奇妙な形をしたゴールデンファングに関わるビルが同じ。(この奇妙なビルの形状は原作にも書かれていました)
ラスト。
原作にはないジョシュ・ブローリン(怪演!そして顔がデカイ!)演ずるビッグフットのマリワナの皿まるごと食いシーン(綺麗に盛られたフグ刺しを皿ごと端からツルーって食べるあの感じ 笑)
もう、ムシャムシャと食べる姿はめちゃくちゃでござりますがなw

Memo2
タイトルはScarlet Letter
ネオン管イメージのロゴは原著から踏襲。
メインタイトルの出し方がカッコイイ
トマス・ピンチョン原作冒頭のエピグラフはエンドクレジットロール最後の最後に出てきます。
舗道の敷石の下はビーチ! 1968年5月、パリの落書きより
CUT5月号「ポール・トーマス・アンダーソン監督全作品を語る」『インヒアレント・ヴァイス』についてインタビュアーがピンチョンに会ったことは?とかピンチョン自身は本作品は見たのですか?などの質問を浴びせていて面白い(「ユリイカ」におけるインタビューとあわせて読むと、多分会っているのは間違いないかなぁ、と予測。ピンチョンが出演していると噂されるシーンは未確認)
キネ旬に載っていたピンチョン作品の翻訳者として著名な佐藤良明氏へのインタビューで「ドックとビックフットのこじれた友情は何を表してるのでしょう」という問いに対して「ピンチョンの復讐です」と答えていたのが印象的。
衣装デザイナーはPTA監督と組むのがこれで5度目となるマーク・ブリッジス
ドックの衣装についてインタビューで「ニール・ヤング的な因習打破主義者で、むさくるしくゆったりした、少し擦り切れているのにほとんど偶然に格好よく見える姿をイメージした」と語っていました。

映画『インヒアレント・ヴァイス』
オフィシャルサイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/inherent-vice/

| | トラックバック (6)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »