« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015-10-29

最近のタイトルデザイン『マイ・インターン』『ジョン・ウィック』『ファンタスティック・フォー』『ピクセル』『キングスマン』『テッド2』『ジュラシック・ワールド』

注・内容に触れています。
夏ごろから現在にかけてのタイトルデザインをまとめて。

マイ・インターン
ものすごく物腰の柔らかいまばたきの練習を鏡に向かって練習する紳士がまさか過去にビトー・コルレオーネだったりトラヴィス"タクシードライバー"だったりアル・カポネだったとは誰も気づかないだろうなー、などと思いながら楽しく見た。
(そのロバート・デ・ニーロにはクレジットで専属のワードローブデザイナー表記がありました)
タイトルデザインはPicture Mill
(抑え気味に白抜きで)

Intern

ジョン・ウィック
「俺のビーグルになにすんねん」と古潭のラーメンと餃子、ビールを食しながらのたまわったというのは冗談だが)実は怒らせたら凄い人系を演じたキアヌ・リーブス。
(古潭の話は「コンスタンティン」の際の話だけど先日、またテレビで紹介されていたので、昔twitterに書いたけれど再び)
その筋の方々指定のホテルフロントマンがいい味。
Main on End Titleを手がけたのはFilmograph
(動画有り/鑑賞後に御覧ください)
http://www.filmograph.tv/overview/John+Wick
画面を占めているキーカラーとフォントの色彩マッチングが絶妙(この手法、今年公開された『ラブ&マーシー』もそうでした)

John

ファンタスティック・フォー
タイトルデザインはyU+co
(Marvel Comics映画化作品に比べ極めて地味なタイトルデザインなのは、もしやこの部分にも周囲と監督との間に何かあったのだろうか??)

キングスマン
ダイアー・ストレイツのギターリフに乗せてドッカーン!!ゴロンゴロンゴロン!ドッカーン!ゴロンゴロンゴロンと飛び散り転がる文字で意表をつくオープニング。タイトルデザインはMatt Curtis, AP DESIGN
それにしても最近、Matt Curtisがかかわった作品の多いこと、多いこと!
既に『イミテーションケーム』『博士』数作の上、これから『ベルファスト71』『黄金のアデーレ 名画の帰還』や公開は来年だけれど『マリーゴールドホテル 幸せへの第二章』と続く。

Kingsman

ピクセル
Main & End TitleDesignは Prologue Films
物語をたどっていってくれているビット絵がかわいいエンドロール、最後まで見入ってしまっているのか誰も席を立つ人がいなかった!(シュガーラッシュ、トゥモロー・ワールド、LEGO(R)ムービー 系の楽しいエンドロール)

Pixel

テッド2
Title DesignはPicture Mill
メインタイトルのために撮影ユニットが組まれていました(なるほど!)
こちらはNY Times 動画記事(注:シーン有り) >
Anatomy of a Scene
http://www.nytimes.com/video/movies/100000003762141/anatomy-of-a-scene-ted-2.html

ジュラシック・ワールド
ヒルトンホテルがジュラシック・ワールド内に実際に存在しているのかと思わせられるぐらいよくできてるサイト
(チケットもいろいろバリエーションがあってジョンハモンドパッケージまである!)
http://www.jurassicworld.com/plan-your-visit/stay/
MAIN AND END TITLES DESIGNED SCARLET LETTERS
こちらは年度別リスト
(動画無し・マッドマックスFRからトゥモローランド、テッド2に至るまで今年現時点で最多)
http://scarletletterstitles.com/Film-Titles

| | トラックバック (0)

2015-10-01

『ロマンス』タナダユキ監督、大島優子、大倉孝二、野嵜好美、窪田正孝、他

注・内容、台詞に触れています。
ロマンス
脚本・監督: タナダユキ
出演 : 大島優子大倉孝二
野嵜好美窪田正孝、他

物語・鉢子(大島優子)は、特急ロマンスカーでアテンダントとして車内販売を担当している。その日も彼女は新宿駅を出発するロマンスカーに乗り込み、いつも通り真面目に仕事をこなしていた。するとどこから見ても怪しげな自称映画プロデューサー(大倉孝二)が乗っており…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Romans

Memo
タナダユキ監督オリジナル脚本。
ラブコメでありロードムービーである、いわゆる『或る夜の出来事』タイプの一日の出会いと別れ。気がつけば観客もふたりと一緒にロマンスカーに乗って箱根巡りをしている観光映画でもあります。
ほんのちょっとした逸脱で意外な展開となり翌日は少し心が軽くなって、それまで許せなかったことが許せたりするようにもなる、そんな"いい日旅立ち"映画でもあります。
どこにでもいる中庸的な優等生タイプ(恋人にお金を貸してと言われて置いていった金額も言い合った間をとって2000円だったり←細かいけれど性格で出てる)だった鉢子(大島優子)が終盤には魅力的になっていく。この辺のどんどんチャーミングになっていく様はファンではなくとも好感の持てるところ。
また鉢子の桜庭に対する「おっさん」の言い回し(イントネーション)がいい!(あ、極端な身長差もこれまたよい)
大倉孝二演じる桜庭が映画プロデューサー役ということで映画ネタ台詞が多数。
・道に迷ってしまい終電に間に合わなくなってたどりついたラブホテルで。
「ラ・ラ・ララブホテルって映画作ったんだ。その時、こんなラブホテル探してたんだけどなぁ」
・箱根の街で母親探しをすることになった鉢子。
制服のままではいくらなんでもということで服を買いに。
そこで桜庭のひとこと。
「マイ・フェア・レディみたい」
「何、それ」
「エッ!?知らないの?オードリー・ヘプバーンの」
「ヘプバーンは知ってるけど」
「ダメだなぁ、映画見てないねー」
・桜庭、通りにある銅像の人差し指と人差し指をくっつけて
「自転車乗りたくなってくるな」
「どうして」
「エッE.T.見てない」
・あと、映画ネタではないけれど前述服を買いに行ったときにあった会話。
「足、何センチ?」
「22.5」
「エー態度でかいのに足、小っちぇー」
万事このような会話で綴られていくやりとりが面白い。
パンフレットデザインはタナダユキ監督『百万円と苦虫女』に続いて大島依提亜さん。(「旅のしおり」です)
・(たぶん)絶対にゴールできない「君もプロデューサーになろう」すごろくページ(笑)←560回休みとか280回休みが半分ぐらいをしめているし…。(プロデューサーの顔がひきつる双六(汗)
・パンフの下段ノンブル横に書かれていた『ロマンス』うら話(←昔の"はみだしぴあ"みたいな感じ)でひっくり返ったコメント→「大倉孝二さんは仙石原の駐車場でうんこを踏んだらしい(!)」←これ前述のすごろくでもネタになっていました 笑

映画『ロマンス』公式サイト
http://movie-romance.com/

| | トラックバック (5)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »