« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015-12-23

『マイ・ファニー・レディ(SHE'S FUNNY THAT WAY)』ピーター・ボグダノヴィッチ監督、オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストン、他

注・内容、台詞に触れています。
マイ・ファニー・レディ
SHE'S FUNNY THAT WAY

監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ
出演 : オーウェン・ウィルソン
ジェニファー・アニストン
イモージェン・プーツ
キャスリン・ハーンウィル・フォーテ
リス・エヴァンス
オースティン・ペンドルトン
シビル・シェパードリチャード・ルイス
ジョージ・モーフォゲン
イリーナ・ダグラス

物語・新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ(イモージェン・プーツ)。とあるスタジオで記者からインタビューを受けていた彼女は、かつて高級コールガールだったことをあっけらかんと告白する。やがて、初対面の客であったブロードウェイの人気演出家アーノルド(オーウェン・ウィルソン)から、自分の将来のために3万ドルをプレゼントしたいという不思議な申し出を受けたのを機に歩み始めた、女優への道とそれにまつわる複雑で奇妙な人間模様についても語りだすが…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Sftw

Memo1
なんという偶然!なんという鉢合わせ!笑
ウディ・アレンが演じていると恒例"ハイ!ここでジタバタあたふた"というシーンがあれこれ。
イタリアンレストラン"NicK's"でのシーンは予想がついていたけれど案の定の展開に笑った。
プロデューサーのウェス・アンダーソンが推したというオーウェン・ウィルソンがしっくりとはまっている。(既に『ミッドナイト・イン・パリ』があるので既視感はありますが…)
「君にはふさわしい場所があるはず」と将来のために3万ドルをあげると言い出す演出家アーノルド。(あとであちらこちらで同じことをやるという"僻"が判明する←妻デルタにもバレた過去あり)
自らを評した、こんな台詞。
「ミューズのミューズだ」
イザベラ(イジー)を演じたイモージェン・プーツが実に魅力的。ウディ・アレン作品だと役柄(職業は違いますが)からみると『誘惑のアフロディーテ』ミラ・ソルヴィーノ演じたリンダというところだろうか。(本作のイザベラは天真爛漫さという意味では別ベクトル+ウェットさがある)
イモージェン・プーツ、他の出演作を調べてみるとリメイク『フライトナイト/恐怖の夜』主人公の彼女役や『ジェーン・エア』ロチェスター(ファスベンダー)と結婚すると噂される良家の令嬢役など作品は見ているけれど印象に残っていなかった。それほど本作のイザベラ役は的をえたキャスティング。
他にこれからチェックしますが未公開WOWOWで放送されたウィンターボトム監督『ミスター・スキャンダル』や『恋人まで1%』(←これが本作に一番近いかも)などがあり。
スマホ、留守電、ホテルのルーム電話など電話を使ったネタが多々。
人の話を全く聞かないデリカシーのない精神科医(←この時点で既に変。演じたジェニファー・アニンストンが可笑しい)が「ほら、仕事中は留守電がなっていようとも電話にでない」とそこに彼氏である脚本家の「用事が入ったので今夜のディナーはキャンセル」の留守電を入れる声にマッハのスピードで反応する姿は笑った。
「映画みたいな話だけど結局、落ちつくところに落ちついた」とイザベラ。
で、そのイザベラは誰と落ち着いたの?と思ったら「エェーッ!オチ、そこかいなぁー」とひっくり返ったタランティーノ監督(しかもカンフー映画好きの役者という設定 笑)登場。
元々クラシックムービーファンだったのかもしれないけれど、イザベラがやたらと映画について詳しいなぁー、と思ったらお付き合いしている相手がタランティーノじゃーねー (と、納得)
"リスに胡桃を"
エルンスト・ルビッチ監督『小間使い』からの引用。前述タランティーノの解説(笑い)があった後、エンドクレジット前にそのシーンが挿入されている。
「リスに胡桃をやるように、胡桃にリスをあげる幸せもある」
「自分には自分にあった"居るべき場所"がある」

※Memo2
『マイ・ファニー・レディ』
ニューヨーク・ロケ地ガイド
(Inter Continental Hotel、Macy's Store、Belasco Theatreなど各シーンに対応)
http://onthesetofnewyork.com/shesfunnythatway.html
ソール・バスによる『七年目の浮気』タイトルアニメーション想起のTITLE DESIGN は CHRIS CUSEO(←エンドロールで名前を確認。他に携わっている作品は無いかを調べてみたけれど見つからず。きっとボグダノヴィッチ監督の要請で"かの作品"のようなイメージでと伝えられて制作したのかも?と推測)
大島依提亜さんデザインによるパンフレット表紙がこのタイトルバックのパタパタ仕様。

映画『マイ・ファニー・レディ』オフィシャルサイト
http://www.myfunnylady.ayapro.ne.jp/

| | トラックバック (9)

2015-12-19

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、他

注・内容(ネタバレ)、台詞に触れています。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
STAR WARS : THE FORCE AWAKENS

監督 : J・J・エイブラムス
出演 : デイジー・リドリーアダム・ドライバー
オスカー・アイザック、マーク・ハミル
ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー
ジョン・ボイエガルピタ・ニョンゴ
アンディ・サーキスドーナル・グリーソン
グウェンドリン・クリスティー
アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー
ピーター・メイヒュー、他

Sw7

Memo1
2015年12月18日
18時30分
「予告編無し、本編からの上映です」の係員の声が響く。
暗転。
20世紀フォックスファンファーレが無くなったのは残念だがディズニーロゴなど余分なものは何もなくルーカスフィルムのクレジット後、いきなりテーマ曲が始まる。導入の字幕、スターデストロイヤーが映しだされるファーストカットまで全てフォーマット通り踏襲されている。
(拍手でスタートする映画鑑賞って久々かもしれない。エンドクレジットでスマホを光らせる輩もひとりもいない!素晴らしい!)
1978年EP4(当時は表記なし)からリアルタイムで順に見てきたけれど、本作から見始めて逆に辿っていく面白さもあるだろうなぁと思った。それほど見せ場のオンパレードで繋げていく現代的な作劇術(海外TVドラマ的?)。
"全体の骨格"
シス(EP1〜3)→帝国(EP4〜6)→ファースト・オーダー(EP7〜9)と変わっていくダークサイド側変遷。そして、それはアナキン→ルーク→レイへと続く物語。
見事にEP4、5と符合するように配置されたシークエンス(特にラストのスターキラー基地内部での"あのシーン")の数々にはお見それしましたー。
本作基準でEP8、9と続いていくことになるのだから、その舵取りの的確さはさすがJ・J・エイブラムス監督。
本シリーズヒロイン、レイ役のデイジー・リドリー
基本的に父と息子のドラマである(と思う)SWシリーズにおいて初の女性のメインヒロイン。(もしかして今後、母と娘の隠しドラマありの予感?)
これまた過去に何かあったことが幻視シーンなどでわかるが詳細は今後のEP8以降の重要なキーポイントの予感。
"いろいろなキャスティング"
マックス・フォン・シドーが(まさかこれだけ!?ということはないでしょうね??)というロア・サン・テッカ役(共和国のレジスタンス率いるレイアの古き良き友。ルークの居場所の地図を託されている)
そしてモーションキャプチャーアクターの名優、アンディ・サーキスがダークサイド側、ファースト・オーダー最高指導者スノーク役(実際の姿ではないので実サイズは不明だけれどデ、デカイ!)
わからなかったのがルピタ・ニョンゴ
ハン・ソロとカイロ・レンのことやルークのことなどいろいろと詳しい(ライトセーバーも保管していた)ヨーダのポジションに近い感じのマズ・カナタ役。
(Maz Kanataで画像検索するとモーションキャプチャー画像が出てきます)
相手の目を見ると何を望んでいるのかがわかるというキャラなので顔のアップが多い故の眼力演技としてキャスティングされたかも?
サイモン・ペッグも判りにくい(と、いうか判らない 笑)アンカー・プラット役(Unkar Pluttで画像検索を)。
さらに判らないのがダニエル・クレイグ(顔が出ていないからあたり前ですが 笑)。ストーム・トルーパー(台詞あり)役でカメオ出演(常に書き換えがあるIMDbにも記載が追加されていました)
"久しぶりの夫婦ご対面〜"
ある重要な事柄(←最大のネタバレ部分)で離れ離れになっていたハン・ソロとレイアの対面。
最初の台詞が。
「髪型が変わった」
「同じジャケットね」
(まー、なんと無粋な、しかしふたりが言いそうな会話 笑)
"転がるBB-8は苔むさず"
本当にかわいいBB-8。そして廻る廻る走る走る。
中でも最高だったのがOKサインで親指を立てるポーズの代わりにアームをにゅっとだしてカチッとつけたライターの火 笑
"カイロ=レン"
・カイロ=レンの元の名前が"ベン"ということがわかる(←これって名付けたのは!?)
・また終盤近く、レイとの一騎打ちの際にライトセーバーで競りあってるシーン、カイロ=レンの瞳の中にふたりのクロスしたライトセーバーの光が十字架のように映っていた。
・スノークの台詞。
「カイロ=レンと共にここから離脱せよ」
「今、おこなっている修行を終わらせる」←この意味は?(EP8で判明する?)
ルークとレイが(探しあてた惑星のなにやら墓所のようなところで←ジェダイの寺院を探しているらしく)出会ったところで本編は終わる。
(ふたりとも砂漠の惑星で発端となる出会いがあり物語が動き出している点でも似通っている←本作、太陽はふたつありませんが)

Memo2
衣装デザイナーがマイケル・カプラン
これで「ブレードランナー」「スタート・レック」「スター・ウォーズ」と全ての衣装を担当したデザイナーとなった訳で、いやはやスゴイ。
キャストカードの順番
まずハリソン・フォードから出てマーク・ハミル、キャリー・フィッシャーの順に。続いてアダムドライバー、デイジー・リドリーと本シリーズキャストが(これは対になっている?)。

Sw7_p
限定パンフ(通常版と表紙違い・日付入り)と1978年公開時のプレスシート(その時間差37年。プレスシートがパンフより大きくて二つ折りにして持って帰ったため折り目が…。)
Art of the Titleに本作公開に合わせてアップされた記事→『スター・ウォーズ(1977)』タイトルシークエンス・メイキング(手描きのアウトラインなども)とタイトルデザイナーDan Perriへのインタビュー
http://www.artofthetitle.com/title/star-wars/

※本ブログメモ記事『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』は随時追記、訂正しています。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html


| | トラックバック (53)

2015-12-16

『サンローラン(SAINT LAURENT)』ベルトラン・ボネロ監督、ギャスパー・ウリエル、ジェレミー・レニエ、ルイ・ガレル、レア・セドゥ、ヘルムート・バーガー、他

注・内容に触れています。
サンローラン
SAINT LAURENT

監督 : ベルトラン・ボネロ
出演 : ギャスパー・ウリエル
ジェレミー・レニエ
ルイ・ガレルレア・セドゥ
ヘルムート・バーガー
ドミニク・サンダ
、他

物語・1967年フランス・パリ。イヴ・サンローラン(ギャスパー・ウリエル)は斬新なコレクションを次々と発表し多忙を極めるとともに、カルチャーアイコンとしてもその名をとどろかせていた。しかし、サンローランはプレッシャーから次第にアルコールや薬に依存していく。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Ysl

Memo1
ある程度のサンローランのヒストリーアウトラインを知った上で鑑賞することをオススメ。
(結構、場面々々がとぶのと人物に対して詳細な説明がなされない)
本作はドキュメンタリーのような全体を網羅するものではなくモンドリアンルック発表の1965年から1976年のロシアコレクションまでの10年間に時間軸を絞っている。
華やかな60年代から1971年のヒッピー文化と時代と逆行したかのような不評たるヴィンテージ服のコレクション発表のちのスランプ、薬やアルコールまみれ、ジャック・ デ・バシェー(ルイ・ガレルが実に妖しく演じている)との危険な関係などの退廃的なる時期をはさんで復活する1976年コレクションまでがエポックな出来事と共に描かれる。
それらはヘルムート・ニュートンがパリの舗道でスモーキング・ルックの超有名なポートレートを撮影するシーンがはさまれたり(ちょっと幻想的だ)、コレクションにも取り入れていたモンドリアンの絵画を想起させるレイアウトによるスプリット・スクリーン、「トリスタンとイゾルデ」流れる中センセーションを巻き起こした自身のヌード撮影シーンなどをおりまぜて多種多様な趣きだ。
(同時に描かれる公私共にパートナーだったピエール・ベルジェを軸としたファッションブランドのビジネス的側面の攻防も面白い)
そしてラストの大盛況を博した1976年コレクション“Collection russe”発表シーンの見せ方もスプリットスクリーンで。
その前段階として描かれたデッサン画やスケッチを見てスタッフ達が「すごいボリュームだ」「全部は間に合わないかもしれない」と口々に語る中、オートクチュールが完成していく描写は本当にエキサイティングだ。
(サンローランがとり憑かれたようにスケッチを描く姿も)
キャステイングの妙。
晩年のサンローランをヘルムート・バーガーが演じていたのはさすがに驚いた。(しかも本編中にヴィスコンティの映画を見るシーンがあった!)
同じく母親役がドミニク・サンダ(これもビックリ!)
ふたりのミューズ、ベティ・カトルーとルル・ド・ラ・ファレース。そのルル役をレア・セドゥが演じていて(おぉっ!また、ここにも)と思いつつ嬉しかった。(いいポジションの役に必ず関わっている気が…)
ラストショット。
死亡説の流れる中、メゾンのアトリエに入ってくる記者たち。
その姿に対してサンローランが不敵(アイロニカルともシニカルともなんとも如何しがたい表情)でニヤリと微笑を浮かべるショットで幕を閉じる。
なんたる大胆不敵にして巧妙な映画スタイル!
エンドタイトルへの音楽のタイミングも抜群。

Memo2
衣装デザインはボネロ監督の『メゾン ある娼館の記憶』も担当したアナイス・ロマン。内容が内容だったためかサンローラン"非公認"の映画となった本作でファッションショーでの衣装から当時のファッションまでもを再現していくという大変な作業をこなした(セザール賞の衣装デザイン賞を受賞)
ピエール・ベルジェとベティ・カトルーへのインタビューを中心に書かれた『GQ JAPAN』の記事(1〜3のパートに分かれています)
イヴ・サンローラン、 天才デザイナーの苦悩と真実

http://gqjapan.jp/more/people/20110420/yves-saint-laurent01
タイトルや年代(1967などのように数字のみ)を表すサンセリフ体のフォントが画面センターにほどよいサイズで現れる。随所に現れるこの見せ方はとても好み。そして美しい。
そういえば、かつてセゾン美術館でイヴ・サンローラン展が開かれたことがあったことを思いだした。チェックしてみると今から25年前(!!)
(図録が秀逸だった。貸しだしたまま手元になくて画像が紹介できなくて残念)

映画「SAINT LAURENT/サンローラン」
公式サイト

http://saintlaurent.gaga.ne.jp/

| | トラックバック (1)

2015-12-05

『007 スペクター(Spectre)』サム・メンデス監督、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ、ベン・ウィショー、レイフ・ファインズ、クリストフ・ヴァルツ、他

注・内容、台詞に触れています。
007 スペクター
Spectre
監督 : サム・メンデス
出演 : ダニエル・クレイグベン・ウィショー
レア・セドゥモニカ・ベルッチ
クリストフ・ヴァルツ
レイフ・ファインズナオミ・ハリス、他

物語・ボンド(ダニエル・クレイグ)は少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する。(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

007

Memo1
前作『スカイフォール』がいかにもサム・メンデス監督テイストで描き通されたことと比べると、緩さやユーモアも内包した本作は悪く言えばバランスを欠き、いい意味で捉えれば本家帰りの趣き。ロケ地までもメキシコ、ローマ、スイスと極めて華やか(いろいろなところで言及されているとおり過去作との関連性も)
オーベルハウザー役のクリストフ・ヴァルツが小柄なせいもあるし今までのタランティーノ作品の影響もあるからか、ちょっと姑息な小物感を感じてしまって、どこか可笑しい。
(シルエットで浮かび上がっても怖さが感じられなくて、それも本家帰りっぽくて好みではありますが)
"Q"(ベン・ウィショー)との会話が楽しい
(なんだかんだ言ってもボンドのと〜っても味方 笑)
・ナノテクノロジー仕様の血液注入型追跡装置を入れられ「作動しないようにできないか」の問いに躊躇しながらも「まだ不具合が多くて…。24時間は消えたり…(ちょっと目を見られて)72時間は…」と答えるQ
それに対してボンド。
「絵はがきを出すよ」
「やめてください」
・アルプスにあるマドレーヌ(レア・セドゥ)が勤務する診療所にいるボンドに「全部バレてますから早くロンドンに帰ってきてください」と告げるために訪ねて来たQ
「車は残念なことをした」
「大丈夫です。たった5億5000万ポンドですから」
"M"(レイフ・ファインズ)の皮肉な一言。
出てきた時から「あぁ、こいつは敵側、もしくは敵側に近いポジション」と思わせられた"C"(アンドリュー・スコット。あ、『SHERLOCK シャーロック』でのジェームズ・モリアーティ役だからという訳ではありません)に対して。
ラスト
「Cの意味が今、わかった」
「ケアレスのCだ」
(そう言えばレイフ・ファインズは『ハリー・ポッター』でヴォルデモート役だったことを考えるとヴォルデモートVSモリアーティだ 笑)
マドレーヌを演じたレア・セドゥは『007 スペクター』と『ミッション・インポッシブル』の前作と両作品に出たことに。
本年の『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』がチーム戦という意味も含めて極めて似通ってきていることを考えると両作品合体企画とか無理?
そうなるとベン・ウィショーとサイモン・ペグの両陣営"頭脳部"共演とか見られるのだが。

Memo2
歴代美術監督が全員健在。やはり印象的なところでは初期ボンド作品のケン・アダムス。前売り特典が既に発刊されている"BOND BY DESIGN"を元にした40ページのミニブックだったので迷わずGET !
ケン・アダムスによるアストンマーチン・ボンド仕様のフェルトペンスケッチも掲載されていた!

Bond_d

ロケーションガイド
Spectre film locations
http://www.movie-locations.com/movies/s/Spectre.html#.Vl6Ld87jyHl
ボンド作品のロケ地の写真、動画などを追っかけている"007 TRAVELERS"という著名なサイトもあり(なおサイトの使用状況に関する情報がGoogleと共有されますので閲覧は任意で)
http://007travelers.blogspot.jp/p/spectre.html
タイトルデザイナーはモーリス・ビンダーの後を受け継いで現在まで、ほぼ全作制作しているDaniel Kleinman
こちらは本作のTitle Sequence全編 (動画あり)
http://www.framestore.com/work/spectre
50周年記念時のタイトルデザインについての記事
(クレイグ版ボンド前3作、動画あり)
http://www.artofthetitle.com/feature/james-bond-50-years-of-main-title-design/

Spectre

The Official James Bond 007 Website
http://www.007.com/

| | トラックバック (36)

『Re:LIFE~リライフ~(THE REWRITE)』マーク・ローレンス監督、ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ、他

Re:LIFE~リライフ~
THE REWRITE
監督 脚本・マーク・ローレンス
出演・ヒュー・グラントマリサ・トメイ
ベラ・ヒースコートJ・K・シモンズ
クリス・エリオットアリソン・ジャネイ、他

物語・かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしながら復学したホリー(マリサ・トメイ)をはじめ真剣な生徒たちの情熱に接するうちに鬱屈したキースの心に変化が生じ…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Re_life

Memo
マーク・ローレンス監督とは『トゥー・ウィークス・ノーティス』『ラブソングができるまで』『噂のモーガン夫妻』本作で4作目となるヒュー・グラント。
まさに安定の展開、語り口。
着地点も予想通りなのだがクセも嫌味さもなく、すんなりと見られるのはヒュー・グラントの持ち味あってのお話。
J・K・シモンズが『セッション』の鬼音楽教師とうって変わった役回りのラーナー学科長。
娘たち初め全員女性に囲まれた家族の話になると、すぐにホロッとする涙もろさ。
「今日は何秒で泣くか」予想されている端から娘の写真を出してきた際「この前膝の上に乗ったんだ」といって目頭をおさえる速攻さ。
キースがラーナー学科長宅を訪ねていった時に家族と一緒に見ていた(と、いうか見させられていた)映画が『食べて、祈って、恋をして』というのが可笑しい(いささか困っているらしく、ちょっと引き止めといてくれというラーナー学科長 笑)
舞台となるビンガムトン、町の自慢はといえば回転木馬が世界一多いことと『トワイライトゾーン』の作者ロッド・サーリングの出身地であること、スピーディというジャンクフードが美味いことぐらい。
(実際、スピーディってあまり美味しそうに見えないのだが…)
その『トワイライト・ゾーン(ミステリーゾーン)』での回転木馬のエピソード(日本放送エピソードタイトル「過去を求めて」)が物語とリンクされている。
そのエピソードで語られていたのは「過去ばかりにとらわれずに前へすすめ」
↓こちらはIMDbの記載データ。
"The Twilight Zone" Walking Distance
http://www.imdb.com/title/tt0734689/
ビンガムトンは年中、曇っている(雨も多い)と最初に告げられているとおり曇っているか、小雨が降っている。
それゆえにホリー(マリサ・トメイが実にチャーミングに演じている。キャステイングの妙!)が言っていた「晴れた日は素晴らしいわよ」が眼前に広がるラストはあらたな人生を歩み始める決心をしたキースそのものを体現していて、まさに晴れやかだ。
タイトルシークエンス・デザインはBig Film Design
http://bigfilmdesign.com/dsboj-rewrite/

映画「Re:LIFE~リライフ~」公式サイト
http://www.relife-movie.com/

| | トラックバック (9)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »