« "Nick and Judy"『ズートピア(Zootopia)』バイロン・ハワード/リッチ・ムーア監督 | トップページ | 『ちはやふる 上の句、下の句』同一スクリーンでイッキ見。小泉徳宏監督、広瀬すず、野村周平、真剣佑、松岡茉優、他 »

2016-05-11

『山河ノスタルジア(MOUNTAINS MAY DEPART)』ジャ・ジャンクー監督、チャオ・タオ、チャン・イー、リャン・ジンドン、ドン・ズージェン、シルヴィア・チャン、他

注・内容、台詞、ラストに触れています。
山河ノスタルジア
MOUNTAINS MAY DEPART

監督 : ジャ・ジャンクー
出演 : チャオ・タオチャン・イー
リャン・ジンドンドン・ズージェン
シルヴィア・チャン、他

物語・1999年、山西省汾陽の小学校で教師を務めるタオ(チャオ・タオ)は、炭鉱作業員リャンと実業家のジンシェン(チャン・イー)から求愛されていた。その後タオはジンシェンを結婚相手に選び、二人の間に男の子が生まれダオラーと名付けられる。2014年、離婚して汾陽で一人暮らしのタオは離れて生活しているダオラーと久々に顔を合わせるが、ジンシェンと一緒にオーストラリアに移り住むことを知らされ…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Md

Memo1
タイトルから悠々たる大河ドラマを想像してしまうが全く違う展開をみせて驚く。そして、各ショットも驚くほど短い。だが挿まれた何気ない風景は不可逆なる取り戻せない時間と失いつつあるアイデンティティの残像のように心に沁みる。
冒頭とラストに使われたPet Shop Boys"Go west"が輪舞曲のよう。
スクリーンサイズが過去、現在、未来と年代に応じてスタンダード、アメリカン・ヴィスタ、スコープサイズと変わる。
そして色彩も。
目にも鮮やかなが踊る1999年。
(時折挿入されるビデオ映像の荒れた画質に彩度の高い映像)
そのビビッドな活力あふれた色彩の世界は時が経つにつれ、人々の繋がりが薄れていくとともに、すっきりとした(光に溢れた)しかしどこか空虚な感じのするペールトーン主体のイメージへと変わっていく。
タオの台詞
「それは幾何?関数?」
「三角は1番安定してるのよ」
最初の三角関係は形を変えて2025年パートまで続く。
1994年パート
息子を送り届ける<、母タオ。
「どうして特急に乗らないの?早く着くのに」
「こうすれば長くいられる」
(急速に移り変わっていく中国や中国人への暗喩的な意味もあるのだろう。座っている向きも進行方向とは逆だ)
2025年オーストラリアパート
全く広東語が話せなくなっているダオラー。
逆に英語が話せない父親のジンシェン。
ダオラーが言う。
「Google翻訳の息子」
中国語学校の教師ミア(シルヴィア・チャンが演じていてビックリ!)
母の記憶としての面影と思慕。
「前にこんな場面があった気がする。デジャヴのような」
ミアもまた、中国を離れ自らのルーツが薄らぎつつある。
ふたりでみつめる水平線の先には母国が…。
「タオ‥」
母の名をポツリとつぶやくダオラー。
ふと、声を聞くタオ。
そのシーンに続いての終幕。
犬の散歩に出かけた先の風景は、炭鉱などがあった、あの河の近く。
雪が舞う中、冒頭のダンスを踊るタオ。
しんしんと降る雪の音。
(この音がいい!)
肯定的な美しいラストだ。
"麦穂餃子"が3つのパート全てに出てくる。
・タオとリャンが仲良く食べるシーン。
・父親の葬儀のために帰ってきた7歳のダオラーに冷まして食べさせるシーン。
・ラスト、時が経っても変わらずに
麦穂餃子を作っているタオ。
また1999年パートでタオが着ていたカラフルなボーダー柄のセーターは2015年パートで2代目ワンちゃんのセーターに編み直されている。
・三国志に出てくるような大刀を持った少年が青年となって一瞬、出てくる。
・唐突にタオの目の前で起ったセスナ機の墜落シーン。
2014年パート、その道路の場所に佇む親子(遺族?)など、年代を通してさりげなく織り込まれている。

Memo2
昨年のフィルメックス含め、いくつもの監督インタビューやQ&Aが公式に公開されています。
2015/11/28 『山河ノスタルジア』Q&A
TOKYOFILMeX
有楽町朝日ホール
https://youtu.be/lGykOoHbAvY
『山河ノスタルジア』半野喜弘 レコーディング映像

https://youtu.be/UgakiAE1b9Q

映画『山河ノスタルジア』オフィシャルサイト
http://www.bitters.co.jp/sanga/

|

« "Nick and Judy"『ズートピア(Zootopia)』バイロン・ハワード/リッチ・ムーア監督 | トップページ | 『ちはやふる 上の句、下の句』同一スクリーンでイッキ見。小泉徳宏監督、広瀬すず、野村周平、真剣佑、松岡茉優、他 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『山河ノスタルジア(MOUNTAINS MAY DEPART)』ジャ・ジャンクー監督、チャオ・タオ、チャン・イー、リャン・ジンドン、ドン・ズージェン、シルヴィア・チャン、他:

» ショートレビュー「山河ノスタルジア・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
変わってゆく社会、変わらない人の想い。 中国の市井の人々を描き続けてきた、ジャ・ジャンクー監督の新境地。 最新作は、1999年のある三角関係を起点に、過去、現代、未来の彷徨える中国人を描く。 ニューミレニアムの幕開けとマカオ返還を控えた1999年は、中国にとってアジア通貨危機が一段落し、その後10年以上に渡る爆発的な高度経済成長の起点となった年。 物語は、「GO WEST」に乗っ...... [続きを読む]

受信: 2016-05-12 22:43

» 山河ノスタルジア [象のロケット]
1999年、中国・山西省フェンヤン。 小学校教師の女性タオは、炭鉱労働者リャンズーと実業家ジンシェンという、二人の幼なじみから想いを寄せられていた。 やがてジンシェンと結婚したタオは、息子ダオラーを授かる。 …2014年、離婚し一人フェンヤンで暮らすタオは、ダオラーたちがオーストラリアへ移住することを知らされる。 …2025年、オーストラリア。 19歳のダオラーは、母親のような中国語教師ミアと親しくなる…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016-05-14 00:14

» 『山河ノスタルジア』 ジャンク―流大河ドラマ [Days of Books, Films]
Mountains May Depart(viewing film) 『山河ノス [続きを読む]

受信: 2016-05-15 15:09

» 山河ノスタルジア〜恋の最終勝者は誰? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。中国=日本=フランス。原題:山河故人、英題:Mountains May Depart。ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督。チャオ・タオ、チャン・イー、リャン・ジンドン、ドン・ズージェン、シ ... [続きを読む]

受信: 2016-05-18 20:27

» 山河ノスタルジア [映画的・絵画的・音楽的]
 『山河ノスタルジア』を渋谷ル・シネマで見ました。 (1)予告編で見て良さそうに思って、映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭は第1のパートで、舞台は1999年の汾陽(山西省)。  スタジオで音楽(注2)に合わせて大勢の若者がダンスの練習をエネルギッシュ...... [続きを読む]

受信: 2016-05-25 21:01

» 山河ノスタルジア 山河故人 [まてぃの徒然映画+雑記]
『世界』や『長江哀歌』『罪の手ざわり』といった作品を作ってきた賈樟柯ジャ・ジャンクー監督の最新作。山西省の地方都市、汾陽を舞台に1999年、そして2014年の物語が、オーストラリアを舞台に2025年の物語が語られる。 1999年、タオ(趙濤チャオ・タオ)は、炭鉱で働...... [続きを読む]

受信: 2016-05-27 00:50

» 「山河ノスタルジア」:ある女の半生記 [大江戸時夫の東京温度]
映画『山河ノスタルジア』は、平明でポピュラーになったジャ・ジャンクーだと評判。中 [続きを読む]

受信: 2016-06-06 23:29

» 山河ノスタルジア ★★★ [パピとママ映画のblog]
「長江哀歌」「罪の手ざわり」の名匠ジャ・ジャンクー監督が、別れて暮らす母と息子を主人公に、過去・現在・未来でのそれぞれの人生模様を通して、互いを想う心の機微を切なくも繊細に見つめた感動叙事詩。主演はジャ・ジャンクー作品のミューズ、チャオ・タオ。共演に「...... [続きを読む]

受信: 2016-06-09 19:31

« "Nick and Judy"『ズートピア(Zootopia)』バイロン・ハワード/リッチ・ムーア監督 | トップページ | 『ちはやふる 上の句、下の句』同一スクリーンでイッキ見。小泉徳宏監督、広瀬すず、野村周平、真剣佑、松岡茉優、他 »