« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

2018-09-17

『女と男の観覧車(Wonder Wheel)』ウディ・アレン監督、ケイト・ウィンスレット、ジャスティン・ティンバーレイク、ジュノー・テンプル、ジム・ベルーシ、他

女と男の観覧車
Wonder Wheel

監督・脚本 : ウディ・アレン
出演 : ケイト・ウィンスレット
ジャスティン・ティンバーレイク
ジュノー・テンプル
ジム・ベルーシ、他

物語・1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウエイトレスとして働く元女優のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、再婚同士の夫と自分の連れ子と一緒に、観覧車の見える部屋に住んでいた。平凡な日々に幻滅し、海岸で監視員のアルバイトをしている脚本家志望のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とひそかに交際するジニーだったが、ある日久しく連絡がなかった夫の娘が現われたことで歯車が狂い始め…(物語項、シネマトゥデイより抜粋)

Ww2

Memo1
偶然か必然か『ブルージャスミン』と同じビターさを持つ本作。
ケイト・ブランシェットからケイト・ウィンスレットへとケイト繋がり。
ラストの台詞。
「釣りは嫌いよ」
ヴィットリオ・ストラーロによるデジタル撮影。
彩度の高い、こってりとしたウォームトーンの色彩が美しい。
おそらく意識したであろうコッポラ監督『ワン・フロム・ザ・ハート』
演劇的空間であり人工照明の美しさでもあり…
(ボラボラ島も出てくるし!?)

Memo2
人がビッシリと賑わったビーチ側から見える遊園地アトラクションの動きや看板が可愛い。もう少しゆっくりと見てみたい。
1950年代の遊園地、他のVFXを手がけた
Brainstorm Digital
https://www.brainstorm-digital.com/
ロケーションはどこで?
が大好きだと言っていた中国庭園や
Wonder Wheel Film Locations 
On the set of New York.com
http://onthesetofnewyork.com/wonderwheel.html

映画『女と男の観覧車』公式サイト
http://longride.jp/kanransya-movie/

| | トラックバック (0)

2018-09-13

『2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』西宮市大谷記念美術館

夏の恒例、写真がほぼ同じ角度で定点観測的になってきた『2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』へ、西宮市大谷記念美術館に行ってきました。

2018a

2018b

2018c

2018d

Memo
入り口の横長タイトルパネルはイランのアリレザ・ゴルドゥズィヤン
おなじみ入口はいって直ぐの記念撮影コーナー。(4枚目の画像)
スペインのジュアン・ネグレスコール「動物たちの町」(デジタルメディア)
印象な残ったのはスロヴェニアのアンドレヤ・ペクラール「わたしのお月さま」や作風が変化していて最初わからなかったけれど常連のシモーネ・レアによる「ロリス」
図録のBook designは2015年より担当しているPIETRO CORRAINI & CORRAINISTUDIOが引き続き担当。
(スゴク好みのデザイン。しばらく続きそうで嬉しい!)
カタログ表紙イラストレーションはルトウィヒ・フォルベーダ。線画が素晴らしく美しい。
西宮市大谷記念美術館では9月24日まで。
主幹事の板橋区立美術館は終了。
三重、石川、鹿児島に巡回。

西宮市大谷記念美術館
Home Page
http://otanimuseum.jp/home/index.html

| | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »